カテゴリー一覧

ものづくり工場が営業DXを始める方法 よろづくり.comの仕組みとメリットを解説

おすすめ記事

2021/07/06

新型コロナウイルスの影響により出社制限を行う企業が増え、これまで対面で行ってきた営業スタイルが今大きく変わろうとしています。


そしてこの営業活動の変化は、ものづくりの現場でも同様に起こっています。


変化の主流として現在多くの企業が注力しているのが営業のDX化。


本稿では営業DXが推進される背景と、それを解決するサービス「よろづくり.com」について紹介していきます。


 


●ウィズ・アフターコロナで変化する工場の営業活動


では現在工場が直面している問題をいくつかあげてみましょう。


1.対面営業活動の減少


多くの企業では、人と人との接触を極力減らすべく在宅仕事を増やし、会議もオンラインツールを活用する機会が増えてきました。 会社を訪問すれば担当者と会えるという状況が減ることで、営業できる機会自体が減少してきています。 その結果、これまで通りの営業スタイルを貫く工場では、ビジネス機会の損失が発生しています。


 


2.展示会におけるリード獲得は頭打ち


同様にこれまで集客ツールとして重要だった展示会も、規模を縮小せざるを得なくなってきました。 場合によっては開催自体が危ぶまれる状況にもなっています。 一度に多くのリードを獲得できる展示会が機能しなくなってしまったことで、工場の営業担当者は別の手段を考えなくてはならなくなりました。


 


3.インサイドセールス可能な環境が整わない


上記のように対面営業の実施が難しい状況では、インサイドセールス(電話やメールなど非対面で行う営業活動)へと移行していく必要があります。 インサイドセールスを実行するためには、どのようにリードを獲得していくかという仕組み作りや環境構築が重要です。 しかし、工場によってはホームページも持っていないというケースも少なくないでしょう。 そのため実行するには、まずその環境を整えることから始めなくてはなりません。


 


●営業DX化が必要、しかし個社対応では様々な課題も


このような問題を解決するためには、営業のDX化が必要になってきます。 DXとはデジタルトランスフォーメーションの略称で、営業をDX化するということは、営業活動を細分化し、顧客接点にデジタルチャネルを活用しながらより最適な形に再構築していくことを意味します。


しかしDX化するにはノウハウが必要で、かつそれを構築するためには一定の人員も必要になります。 またデジタルチャネルを何も持たない企業がイチから全てを構築しようとすると、初期投資も必要になってきます。 そのため、これまでデジタルを活用していなかった工場が営業のDX化を進めようとしても、簡単には実行できないという点が課題となっています。


 


●よろづくり.comで工場の営業をDX化


この課題を解決できるのが、よろづくり.comです。


これから営業のDXをもくろむ工場はもちろんのこと、現在営業のDXに取り組まれている工場でであっても、 よろづくり.comを利用いただくことで、個社での集客からエコシステムを通じた集客のベネフィットを享受することが可能となります。


では、よろづくり.comを使えばどのように営業をDX化できるのか、そのサービスの一部を紹介していきましょう。


 


1.AIを使った独自のマッチングシステム


よろづくり.comでは独自開発されたAIを活用し、ものづくり工場と発注者をマッチングしていきます。


取り扱い商材は「食品」「飲料・酒類」「健康食品」「化粧品・美容」「雑貨・家具・インテリア」「アパレル」「3Dプリンター」「伝統工芸品」「パッケージ」。


使い方は簡単で、まず利用者はよろづくり.comのプラットフォーム上に自社情報と希望条件等を入力します。


するとAIがそれぞれの希望を読み取り、マッチング率の高い企業を自動的にリストアップしてくれるのです。


リストアップされた中で気になる企業があれば、プラットフォーム上でメッセージを送ることが可能、そのまま商談へと進めていくことができます。


 


2.リード開拓の工数を大幅削減


よろづくり.comのシステムを活用することで、展示会を開催しなくとも新規顧客との接点を増やすことができます。


つまり、これまでよりも少ない工数でリードを開拓することができるのです。


またよろづくり.comに情報を登録することで、プラットフォーム上にはその企業のコンテンツが出来上がることになります。


そのためデジタルチャネルを持たない工場でも、これひとつで簡単に営業のDX化を叶えられるのです。



 


3.初期投資を抑えてチャレンジ


DX化を目指す工場がイチから仕組みを構築していくにはある程度の投資が必要になりますが、よろづくり.comなら投資金額を抑えてDXを始めることができます。


通常であれば月々の月額課金サービスですが、現在は先行利用期間となっているため、すべてのサービスを無料で利用することができます。


また、本番が開始されたとしても会社登録と商品掲載点数1点であれば永続的に無料なので、まずは使い心地を試してみるという選択も可能です。


※尚、発注企業側は登録も利用もすべて無料です。


 


●ビジネス機会を増やすならよろづくり.com


営業のDX化に悩む工場は少なくありません。


しかし、ウィズ・アフターコロナの世の中を考えると、営業スタイルは変化させなければ厳しい現実が待っています。


よろづくり.comでは、これまでリード獲得にかけていた時間を大幅に削減し、自社にマッチした企業を効率的に探し出すことができます。


出会える機会が増えることで、ビジネスチャンスはより多く生まれていきます。


営業スタイルを変えたい、DX化したいと考えているのであれば、ぜひよろづくり.comを活用してみてください。

この記事の関連記事

OEM製造とは?ものづくりの進め方・流れについて解説

最近よく聞く「OEM製造」とは、どのような形態をさすのでしょ…

最近よく聞く「OEM製造」とは、どのような形態をさすのでしょ…

「OEM」「ODM」その仕組みとメリットとデメリットとは

商品を生み出す上で重要な生産ライン。自社で持つには莫大なコス…

商品を生み出す上で重要な生産ライン。自社で持つには莫大なコス…

メリットの多い自社商材 最適なOEM・ODM企業と開発を

トップバリュやセブンプレミアムなどに代表される小売業者による…

トップバリュやセブンプレミアムなどに代表される小売業者による…

よろづくりで始めるモノづくり:よろづくり.comのメリットと使い方を解説

自社ブランドアイテムやオリジナル商品の製造を委託できるOEM…

自社ブランドアイテムやオリジナル商品の製造を委託できるOEM…

ものづくり工場が営業DXを始める方法 よろづくり.comの仕組みとメリットを解説

新型コロナウイルスの影響により出社制限を行う企業が増え、これ…

新型コロナウイルスの影響により出社制限を行う企業が増え、これ…

只今おすすめ記事の準備中です

只今おすすめ記事の準備中です。コンテンツが準備できるまでもう…

只今おすすめ記事の準備中です。コンテンツが準備できるまでもう…

人気記事ランキング

広告表示エリア