カテゴリー一覧

メリットの多い自社商材 最適なOEM・ODM企業と開発を

おすすめ記事

2021/07/07

トップバリュやセブンプレミアムなどに代表される小売業者による自社商材。
これらの自社商材は低価格で品質がよく、消費者のニーズにも沿っているという理由から年々市場シェアを増やしています。

なぜ自社商材がこれほどまでに注目されているのか、自社商材を持つことのメリットと、それを実現するためにOEM・ODM企業とどう関わっていくべきかを解説します。

●自社商材を持つことのメリット
では小売業者やEC事業者が自社商材を持つことでどのようなメリットがあるのか、大きく3点にまとめています。

1.チャレンジがしやすい
自社商材では、企画から開発までをすべて自分たちが主導して行います。
そのため、自社に来店するカスタマーニーズにとことん寄り添い、他では真似できないようなチャレンジングな商品を開発することができます。

そして「新しいものを生み出す」というチャレンジは、企業としての成長にもつながっていきます。

2.売上ポートフォリオを組みやすい
小売業者では、商品ごとに役割を決めそれぞれでどのくらい利益を出すべきかというポートフォリオを明確にする必要があります。

売れ筋商品で店舗を認知させ、利益率の高い商品で利益を確保し、高品質なアイテムでファンを増やす。
このようなストーリーを組み立てる上で、利益率がコントロールしやすく、カスタマーニーズに寄り添える自社商材は非常に役に立つのです。

自社で取り扱う商品に足りない要素は何か、利益を確保するためには何が必要かを考え、それに合わせて開発できるのが自社商材の強みです。

3.企業ブランディングができる
自社商材を開発しそれが注目されることで、開発した企業自体の評価向上にもつながります。
高品質な自社商材を展開することでその企業が取り扱う他商品への安心感が生まれたり、トレンド最先端の自社商材がヒットすれば若い世代からの支持が高まったりすることもあります。

また、パッケージや広告まで一気通貫してブランディングができるため、企業として伝えたいメッセージを商品を通じて消費者にダイレクトに届けることもできます。
ブランディングが強化できれば固定客の獲得や、顧客ロイヤリティを強化することにもつながります。
そのため「どのような自社商材を開発するのか」が非常に重要になってくるのです。

●自社商材開発におけるOEM・ODM企業との連携
このようにメリットの多い自社商材ですが、開発し商品化していくにはOEM・ODM企業との連携が必要になってきます。
OEM・ODM企業がどのような役割を担っており、それぞれとどのように関わりあっていくのか、そしてパートナー選定に必要な観点を以下にまとめています。

1.OEM企業
OEMとは、他社のブランド製品を受託して作ることを意味します。
自社商材でOEM企業と連携する場合には、企画・商品開発・設計までを依頼主(小売業者・EC事業者)が行い、製造工程のみをOEM企業が引き受けるケースが多いでしょう。
場合によっては、OEM企業側もアイデアを出しながら商品を作り上げていくということもあります。

OEMは作ることが専門にはなりますが、何を作れるかは企業によってさまざまです。
そして対応可能なロットや納期なども異なるため、依頼主側の希望を叶えてくれるかどうかはまず確認が必要です。

また自社商材では、商品の品質については依頼者側(小売業者やEC事業者)が責任を持つことになります。
そのため安全な商品を作ってくれるかという品質面でのジャッジも重要になります。

2.ODM企業
ODMとは、他社ブランドの設計・開発・製造までを一手に担うことを意味します。
ODMでは、小売業者・EC事業者は「こんな商品が作りたい」というアイデア出しのみで、その後工程はすべてODM企業が実行します。
そのため製造技術だけでなく、市場を知りどのような商材を作れば売れるのかという企画力もODM企業選定では重要になってきます。

もちろんOEM同様、ロットや納期・対応可能業種など条件の確認も必要です。
そして依頼者側のブランドとして販売されるため、品質面のチェックも必ず行うようにしましょう。

●OEM・ODMパートナーを探せるよろづくり.com
自社商材は会社の看板を背負った商品となるため、ともに作り上げてくれるパートナー探しは慎重に行う必要があります。

しかし、条件にマッチしたOEM・ODM企業を探すのは手間と時間がかかります。
そんなOEM・ ODM企業探しを効率的に行えるのが「よろづくり.com」です。

よろづくり.comはものを作りたい企業とOEM・ODM企業をつなぐプラットフォームで、サイト上には全国の多種多様なOEM・ODM企業が登録されています。

商品カテゴリは「食品」「飲料・酒類」「健康食品」「化粧品・美容」「雑貨・家具・インテリア」「アパレル」「3Dプリンター」「伝統工芸品」「パッケージ」とバリエーションも豊富で、登録されている企業規模もさまざまです。

利用方法は簡単で、ものづくりを依頼したい企業が作って欲しい内容や各種条件を入力すると、独自開発されたAIがマッチング率の高いOEM・ODM企業を自動的にリストアップ。
それにより最適なパートナーを最短距離で見つけることが可能となるのです。

気になる相手を見つけたらその場でメッセージを送り、プラットフォーム上で商談もできるため、タイムラグもありません。
自社商材開発は、条件にマッチしたパートナーを見つけられるかどうかがひとつのポイントとなります。
よろづくり.comを使って最適なOEM・ODM企業を見つけ出し、企業の顔となるような自社商材を作り上げていきましょう。

この記事の関連記事

OEM製造とは?ものづくりの進め方・流れについて解説

最近よく聞く「OEM製造」とは、どのような形態をさすのでしょ…

最近よく聞く「OEM製造」とは、どのような形態をさすのでしょ…

「OEM」「ODM」その仕組みとメリットとデメリットとは

商品を生み出す上で重要な生産ライン。自社で持つには莫大なコス…

商品を生み出す上で重要な生産ライン。自社で持つには莫大なコス…

メリットの多い自社商材 最適なOEM・ODM企業と開発を

トップバリュやセブンプレミアムなどに代表される小売業者による…

トップバリュやセブンプレミアムなどに代表される小売業者による…

よろづくりで始めるモノづくり:よろづくり.comのメリットと使い方を解説

自社ブランドアイテムやオリジナル商品の製造を委託できるOEM…

自社ブランドアイテムやオリジナル商品の製造を委託できるOEM…

ものづくり工場が営業DXを始める方法 よろづくり.comの仕組みとメリットを解説

新型コロナウイルスの影響により出社制限を行う企業が増え、これ…

新型コロナウイルスの影響により出社制限を行う企業が増え、これ…

只今おすすめ記事の準備中です

只今おすすめ記事の準備中です。コンテンツが準備できるまでもう…

只今おすすめ記事の準備中です。コンテンツが準備できるまでもう…

只今おすすめ記事の準備中です

只今おすすめ記事の準備中です。コンテンツが準備できるまでもう…

只今おすすめ記事の準備中です。コンテンツが準備できるまでもう…

只今おすすめ記事の準備中です

只今おすすめ記事の準備中です。コンテンツが準備できるまでもう…

只今おすすめ記事の準備中です。コンテンツが準備できるまでもう…

人気記事ランキング

【マーケット視点で考える】ものづくり工場にデジタルシフト・DXが必要な理由②競合環境の変化

時代の流れをいち早く察知し、デジタルシフト・DXを進める企業…

【マーケット視点で考える】ものづくり工場にデジタルシフト・DXが必要な理由①労働環境の変化

ものづくり工場では、受発注のやりとりをメールやFAXで行い、…

化粧品工場の次の一手 今注目のD2Cビジネスとは?

化粧品業界のビジネスモデルは、メーカーが依頼した製品を工場が…

食品企業はPBで市場を開拓 ODMで自社商材を作るメリットとは

PB(プライベートブランド)商品はさまざまな業界で浸透してき…

アパレル工場の営業を簡単にDX化 よろづくり.comのメリットと使い方を解説

アパレルをメインとする縫製工場は、個人で営む町工場から100…

古き良き伝統工芸品を新しい世代へ よろづくり.comでマッチング

日本には、古くから継承されてきた伝統工芸品が数多く残っていま…

コロナ禍で健康食品需要が増進 ニーズの変化から市場動向を解説

コロナ禍の影響により、人々の生活は大きく変容していきました。…

www.taiyo-co.co.jp

【OEM】健康食品の形状を解説!特徴や形状選びのポイントとは?

コロナ禍をきっかけに世間の健康に対する意識が向上し、通信販売…

コロナ禍でも売れる!男性用化粧品市場は発展中

新型コロナウイルスの蔓延による影響を受け、あらゆる分野のビジ…

人気記事ランキング

広告表示エリア