カテゴリー一覧

OEM製造とは?ものづくりの進め方・流れについて解説

おすすめ記事

2021/07/07

最近よく聞く「OEM製造」とは、どのような形態をさすのでしょうか?


 


OEM製造を進める上で大切なポイントを「OEM製造取引の流れ」と共にご紹介します。


 


●OEM製造とは?


 


Original Equipment Manufacturingの頭文字を取り表記したものが「OEM」です。


 


自社のオリジナル商品を製造したい企業が、製造ノウハウや工場を持っているOEM企業に委託し商品を製造します。


例えば、大手スーパーやコンビニなどのプライベートブランドがOEM製造にあたります。コンビニ側が、商品の企画を行い、OEM企業が企画に基づいて工場に発注・生産するというわけです。


 


このようにOEMの仕組みを使うことで、工場や生産管理システムを持たない企業でも自社商品を生産することが可能になります。


 


また、開発力のある企業は製品の製造をOEM企業に委託する事で、自社製品の新企画やリニューアルに集中できるというメリットもあります。


 


加えて、「アイデアはあるが具現化を模索している」という場合にもOEM製造はおすすめです。


様々な企業とのやり取りの中で身につけた技術を持つOEM企業に、企画書でイメージを伝えて、具体的な提案をしてもらえる場合もあります。


 


●OEM製造取引の流れ


 


OEM製造を依頼する事が決まったら、デザイン、素材、サイズ、納期などを示した企画書を準備しておくと話がスムーズに進みます。


 


それでは、具体的な取引の流れをみてみましょう。


 


1.問い合わせ、製造依頼する


自社で製造したい製品の企画書を用意し、OEM企業に問い合わせをします。確認するポイントとして、「希望の製品を制作できるか」「ロット数」「納期」「値段」などがあります。 初めて取引をする場合は生産スケジュールなど見えにくい場合もありますが、現段階で決まっている情報を提示し、OEM企業からの回答を待ちましょう。双方が納得したら、依頼開始となります。


 


2.打ち合わせをする


企画書を使って具体的な打ち合わせを進めます。この時点では、実際に製造してみなければわからない部分もでてくるでしょう。サンプル作成時に確認する点や、不安点などを前もって伝えておきます。


 


3.サンプル作成


製造する製品によって変わりますが、実際の材料を使用する前に仮のサンプルを作る場合もあります。サンプル作成は、本番の製品のイメージをつかむための重要なプロセスです。一度で終わらない場合が多く、時間がかかるので、スケジュールに余裕を持たせておく事が大切です。


 


4.サンプル作成確認・修正


まずは指示書通りに製品が完成しているかを確認します。


仕様と違う点を見落として進めてしまうと、大量生産に入った際にスケジュール遅延といった問題になる場合があることを念頭に置いておく必要があります。慎重に確認し、必要があれば修正を入れましょう。


 


5.本生産


サンプル修正が終われば本生産に入ります。


製造工場が海外の場合、品質管理、納期管理が重要です。


海外に強いOEM企業を選ぶ事で、ノウハウを学びながらクオリティを維持した生産を叶える事ができるでしょう。


原材料費や人件費の安い海外工場は、コストの削減を考える上では強い味方です。


 


6.検品・出荷


検品は欠かせない重要な工程です。


規格に適合しているか、異物の混入はないか、汚れや付属の点検など、工場や製品によってチェックポイントは変わります。


出荷では、パッケージや梱包方法などを選択する場合もあります。


コストにも影響がある部分なので事前に確認しておきましょう。


 


7.顧客への納品


最後に、ご希望の場所へお届け致します。


海外生産の場合、輸送の他に通関で時間がかかる場合もあります。


発注国の祝日や、距離によっても到着スケジュールは変わります。カレンダーを見て注意しておきましょう。


 


●OEM企業をさがすなら「よろづくり.com」


 


OEM企業によって手順の違いはありますが、このような流れで製品は作られていきます。


製造について、「相談できる」それがOEM製造の利点です。


しかし自社製品にぴったりのOEM企業を探すためには、


 


・希望する商品の制作が可能か


・ロット


・納期


・値段


・会社の場所


 


といった情報について1社1社電話やメールで確認し、検討して返事を待つ...といった膨大な手順を踏む必要があり、商品を作る前の大変な作業の1つでした。


 


よろづくり.comは、OEM企業の製造可能商品データと、発注企業のデータを独自AIマッチングロジックを使い、自動でご提案します。


またエリア・条件など様々な条件でOEM企業を検索することができ、希望とのマッチ率も表示されます。複数のOEM企業にアプローチをかけ、問い合わせを一括管理できるのも魅力です。


その他に「よろづくり.com」では、


 


・発注企業の製品企画から販売


・流通までのボトルネックを解消


・製造受託OEM


・ODM企業のセールスマーケティング支援を実施


 


といった取り組みも行っています。


また、今後は海外展開も視野に入れ、国内外問わず多くの製造受託OEM・ODM企業とのマッチングを提供できるようなサービスを目指しています。


 


「よろづくり.com」で、手軽にOEM企業探しをしてみませんか?

この記事の関連記事

OEM製造とは?ものづくりの進め方・流れについて解説

最近よく聞く「OEM製造」とは、どのような形態をさすのでしょ…

最近よく聞く「OEM製造」とは、どのような形態をさすのでしょ…

「OEM」「ODM」その仕組みとメリットとデメリットとは

商品を生み出す上で重要な生産ライン。自社で持つには莫大なコス…

商品を生み出す上で重要な生産ライン。自社で持つには莫大なコス…

メリットの多い自社商材 最適なOEM・ODM企業と開発を

トップバリュやセブンプレミアムなどに代表される小売業者による…

トップバリュやセブンプレミアムなどに代表される小売業者による…

よろづくりで始めるモノづくり:よろづくり.comのメリットと使い方を解説

自社ブランドアイテムやオリジナル商品の製造を委託できるOEM…

自社ブランドアイテムやオリジナル商品の製造を委託できるOEM…

ものづくり工場が営業DXを始める方法 よろづくり.comの仕組みとメリットを解説

新型コロナウイルスの影響により出社制限を行う企業が増え、これ…

新型コロナウイルスの影響により出社制限を行う企業が増え、これ…

只今おすすめ記事の準備中です

只今おすすめ記事の準備中です。コンテンツが準備できるまでもう…

只今おすすめ記事の準備中です。コンテンツが準備できるまでもう…

只今おすすめ記事の準備中です

只今おすすめ記事の準備中です。コンテンツが準備できるまでもう…

只今おすすめ記事の準備中です。コンテンツが準備できるまでもう…

只今おすすめ記事の準備中です

只今おすすめ記事の準備中です。コンテンツが準備できるまでもう…

只今おすすめ記事の準備中です。コンテンツが準備できるまでもう…

人気記事ランキング

【マーケット視点で考える】ものづくり工場にデジタルシフト・DXが必要な理由②競合環境の変化

時代の流れをいち早く察知し、デジタルシフト・DXを進める企業…

【マーケット視点で考える】ものづくり工場にデジタルシフト・DXが必要な理由①労働環境の変化

ものづくり工場では、受発注のやりとりをメールやFAXで行い、…

化粧品工場の次の一手 今注目のD2Cビジネスとは?

化粧品業界のビジネスモデルは、メーカーが依頼した製品を工場が…

食品企業はPBで市場を開拓 ODMで自社商材を作るメリットとは

PB(プライベートブランド)商品はさまざまな業界で浸透してき…

アパレル工場の営業を簡単にDX化 よろづくり.comのメリットと使い方を解説

アパレルをメインとする縫製工場は、個人で営む町工場から100…

古き良き伝統工芸品を新しい世代へ よろづくり.comでマッチング

日本には、古くから継承されてきた伝統工芸品が数多く残っていま…

コロナ禍で健康食品需要が増進 ニーズの変化から市場動向を解説

コロナ禍の影響により、人々の生活は大きく変容していきました。…

www.taiyo-co.co.jp

【OEM】健康食品の形状を解説!特徴や形状選びのポイントとは?

コロナ禍をきっかけに世間の健康に対する意識が向上し、通信販売…

コロナ禍でも売れる!男性用化粧品市場は発展中

新型コロナウイルスの蔓延による影響を受け、あらゆる分野のビジ…

人気記事ランキング

広告表示エリア