カテゴリー一覧

事例を紹介!今注目の健康食品・化粧品D2C工場

コラム記事

2021/08/04

小規模ビジネスの新しいスタイルとして「D2C」が世界的に注目されており、海外だけではなく国内においても、次々に新しいブランドが立ち上がり成功を収めています。


特に世界観を重視する健康食品や化粧品のブランドは、D2Cとの相性が良いでしょう。


今回はD2Cを新しく始めたい人にとって嬉しい、小規模ロットにも対応する健康食品・化粧品のD2C工場をご紹介します。


 


●D2Cとは?


 


D2Cとは、企業や個人が製品の立案から製造、販売までトータルで行うビジネスモデルです。


販売チャネルは主に自社のECサイトで、ユーザーに直販で行われるため、問屋や小売店を介する事がない分中間マージンを抑えられるという強みがあります。


最近ではその手法がさらに進化しており、制作ヒストリーとSNS告知をかけ合わせて、独自ユーザーを発掘することも。またオーダーメイド制作にも対応するなど、可能性は広がっています。


ただし広告に力を入れても、肝心の製品が良い物でなければ、自信をもって販売することはできません。そこで大切なのが、商品を制作するOEM・ODM工場選びです。


特に初めてビジネスを立ち上げる場合は、ノウハウのあるOEM・ODM工場に依頼する事で、少ない知識でも最小限のリスクでチャレンジすることができます。


それでは、他社と差別化を図れる個性的な健康食品・化粧品の製造を行っているOEM・ODM工場の事例をご紹介します。


 


●健康食品と化粧品事業の事例①(株式会社東洋発酵)



 


最初にご紹介するのは、健康食品と化粧品事業を手がけている企業です。オリジナル発酵原料を使用した化粧品OEMを得意としています。


特許を取得したオリジナル発酵原料は、効能に関する試験データの蓄積もあり、使用感の評価も高くリピート率が高いといった特徴があります。


また、新しく化粧品D2Cにチャレンジしたい企業へ向けて、 ・豊富な経験を活かした海外輸出 ・ブランドカラーをより強くアピールできるグラフィックデザイナーの在籍 ・薬機法、景品表示法に対応できる専門スタッフが行う広告チェック ・健康食品と化粧品を手がけているのでトータルの提案が可能 といったアイデアを具現化するサポートも行っており、実績経験が豊富な専門スタッフが多面的にサポートしてくれます。


ただ製品を作るだけではなく、「オリジナル商品を作りたい」気持ちに寄り添い、さらにブランディングから製品制作、試作、法規の調査、検品、販促のサポートまでトータルで任せられる工場です。


 


 


●美容、健康ドリンクOEM事例② (studio株式会社) 



 


次にご紹介するのは、超小ロットでの美容、健康ドリンクOEMに特化した企業です。


美容や健康のために栄養を摂取する方法は、ドリンクの他にカプセルや粒タイプ、細粒タイプなどさまざまな形状があります。


その中でも、studio株式会社はドリンク形状にこだわる工場です。ドリンク形状には4つの特性があります。


 


1.沢山の栄養素の配合が可能


2.吸収効率が良い


3.手軽に飲める


4.高級感がある


 


世間で流通されているカプセルサプリメントは1粒あたり約200mgほどのサイズが一般的ですが、ドリンクタイプはより多くの栄養素の配合が可能です。


またカプセルタイプと比較し、最大5倍の吸収率を誇ります。手軽に手に取れ、飲みやすく変化を感じやすいのはドリンクタイプの特徴です。


さらに高級感のある瓶を使用することで、時間をかけてこだわった製品に相応の対価をいただける、グレードの高い仕上がりになります。


このように高級感のあるドリンクタイプの美容、健康ドリンクを超小ロットで注文できるのはstudio株式会社の特徴のひとつです。サイズにもよりますが、20mlで2,100本から注文できます。まずはコストをかけずに少量試してみたい、とお考えの方にはおすすめの工場です。


納品スピードが速いのも嬉しいポイントで、最短3週間から対応可能です。またD2Cブランドを作る上で大切なブランドコンセプトをアピールするホームページの作成や、商品撮影などにも幅広く対応しています。


 


「よろづくり.com」では、ご紹介した事例のほかにも様々な工場が登録されています。 OEMが可能な工場をお探しの方は、ぜひご登録し確認してみてください。 次章では「よろづくり.com」についてさらに詳しくご説明します。


 


●D2Cブランドの立ち上げなら「よろづくり.com」


D2Cビジネスでは、大手企業にはないフットワークの軽さで、小ロットから新しいブランド作りに挑戦できます。


オリジナルの世界観を前面に押し出すことができるので、「健康食品、化粧品ブランド」とは相性が良いでしょう。


D2Cブランドの立ち上げに際してOEM・ODM工場を探すなら、「よろづくり.com」がおススメです。 よろづくり.comは「発注企業」と「モノを作る企業」をつなげるマッチングプラットフォームです。


OEM企業の製造可能商品データと、発注企業のデータを独自AIマッチングロジックを使い、自動でご提案します。


またエリア・条件など様々な条件でOEM企業を検索することができ、希望とのマッチ率も表示されます。複数のOEM企業にアプローチをかけ、問い合わせを一括管理できるのも魅力です。


 


●まとめ


「モノ」が飽和状態の現代では、単純な「モノ」の販売から「モノ付きのコトへ」と変化しています。


なぜその製品を作ったのか。どこの誰になぜ届けたいのか。そんなストーリーとともにブランドの熱意を伝える方法として、自社でトータルプロデュースできるD2Cは最適でしょう。


しかし健康食品・化粧品は、直接体に取り込み、肌にのせるものとして、信頼度が高くなければなりません。経験があり、信頼のおける工場と商品開発を進める事は、信頼されるD2Cブランドを作る近道です。

この記事の関連記事

【マーケット視点で考える】ものづくり工場にデジタルシフト・DXが必要な理由②競合環境の変化

時代の流れをいち早く察知し、デジタルシフト・DXを進める企業…

時代の流れをいち早く察知し、デジタルシフト・DXを進める企業…

【マーケット視点で考える】ものづくり工場にデジタルシフト・DXが必要な理由①労働環境の変化

ものづくり工場では、受発注のやりとりをメールやFAXで行い、…

ものづくり工場では、受発注のやりとりをメールやFAXで行い、…

化粧品工場の次の一手 今注目のD2Cビジネスとは?

化粧品業界のビジネスモデルは、メーカーが依頼した製品を工場が…

化粧品業界のビジネスモデルは、メーカーが依頼した製品を工場が…

食品企業はPBで市場を開拓 ODMで自社商材を作るメリットとは

PB(プライベートブランド)商品はさまざまな業界で浸透してき…

PB(プライベートブランド)商品はさまざまな業界で浸透してき…

アパレル工場の営業を簡単にDX化 よろづくり.comのメリットと使い方を解説

アパレルをメインとする縫製工場は、個人で営む町工場から100…

アパレルをメインとする縫製工場は、個人で営む町工場から100…

古き良き伝統工芸品を新しい世代へ よろづくり.comでマッチング

日本には、古くから継承されてきた伝統工芸品が数多く残っていま…

日本には、古くから継承されてきた伝統工芸品が数多く残っていま…

コロナ禍で健康食品需要が増進 ニーズの変化から市場動向を解説

コロナ禍の影響により、人々の生活は大きく変容していきました。…

コロナ禍の影響により、人々の生活は大きく変容していきました。…

【OEM】健康食品の形状を解説!特徴や形状選びのポイントとは?

コロナ禍をきっかけに世間の健康に対する意識が向上し、通信販売…

コロナ禍をきっかけに世間の健康に対する意識が向上し、通信販売…

人気記事ランキング

【マーケット視点で考える】ものづくり工場にデジタルシフト・DXが必要な理由②競合環境の変化

時代の流れをいち早く察知し、デジタルシフト・DXを進める企業…

【マーケット視点で考える】ものづくり工場にデジタルシフト・DXが必要な理由①労働環境の変化

ものづくり工場では、受発注のやりとりをメールやFAXで行い、…

化粧品工場の次の一手 今注目のD2Cビジネスとは?

化粧品業界のビジネスモデルは、メーカーが依頼した製品を工場が…

食品企業はPBで市場を開拓 ODMで自社商材を作るメリットとは

PB(プライベートブランド)商品はさまざまな業界で浸透してき…

アパレル工場の営業を簡単にDX化 よろづくり.comのメリットと使い方を解説

アパレルをメインとする縫製工場は、個人で営む町工場から100…

古き良き伝統工芸品を新しい世代へ よろづくり.comでマッチング

日本には、古くから継承されてきた伝統工芸品が数多く残っていま…

コロナ禍で健康食品需要が増進 ニーズの変化から市場動向を解説

コロナ禍の影響により、人々の生活は大きく変容していきました。…

www.taiyo-co.co.jp

【OEM】健康食品の形状を解説!特徴や形状選びのポイントとは?

コロナ禍をきっかけに世間の健康に対する意識が向上し、通信販売…

コロナ禍でも売れる!男性用化粧品市場は発展中

新型コロナウイルスの蔓延による影響を受け、あらゆる分野のビジ…

人気記事ランキング

広告表示エリア